NPO法人 夢未来21

→ ホームへ戻る

クリーンアップあかがね街道

クリーンアップあかがね街道

アドプト・ア・ハイウェイ・プログラムは、1985年3月、アメリカ合衆国のテキサス州で開始され、1998年6月、日本初のアドプト・プログラムが徳島県神山町で始められました。
そして、2001年4月、NPO法人夢未来21により、あかがね街道版アドプト・プログラムとして桐生広域圏+足尾町において始めることになりました。

道路は「その町、その村の顔」です。でも、ちょっと車で走ってみて下さい。ビニール袋、包装紙、空き缶、空き瓶…。まるでゴミ箱です。これら散乱ごみは一部の心ない人達によって投げ捨てられたものです。 美しいと感じる人がいるでしょうか?あかがね街道を旅する人々に好印象を与えるでしょうか?

「クリーンアップあかがね街道」運動に参加しませんか?
私たち自身の手で、進んで道路の散乱ごみを取り除き、路肩に美しい草花を植えましょう。

この運動に参加することによって、私たちの住む地域の自然を守るとともに居住環境の悪化を防ぎ、町や村のイメージアップに大きな貢献ができるのです。
私たちのまちをクリーンで、グリーンなまちにしましょう!

↑ ページの先頭へ戻る